福祉用具実用化開発費助成金事業商品
除菌効果
(社団法人 北里研究所による試験) -試験番号 00235-
「光触媒除菌脱臭機A.D.Jにおける除菌効果評価試験」
試験概要  
  検体(A.D.J)を試験ボックス内(1立米密閉容器)に設置した。このボックス内にインフルエンザウィルス液50mlを噴霧注入し、装置のON・OFF(紫外線ランプのみOFF)時における、30分後のボックス内浮遊ウイルス量を測定した。
同様に、大腸菌・黄色ブドウ球菌(MRSA)・セラチア菌について浮遊菌数を測定した。
 
 
 
試験結果  
  インフルエンザウィルス  
 
試験ウィルス株:Influenzavirus A PR8
 
 
除去率99.921%
 
 
  大腸菌  
 
試験菌株:Etscherichia coli
 
 
除去率99.997%
 
 
  黄色ブドウ球菌(MRSA)  
 
試験菌株:メシチリン耐性 Staphylococcus aureus
 
 
除去率99.998%
 
 
  セラチア菌  
 
試験菌株:Serratia marcescens
 
 
除去率99.997%
 
 
福祉用具実用化開発費助成金事業商品
 

お問合せ:

Copyright(C)2003-2004 Photo-Catalytic Materials.Inc. All rights reserved.